2020年03月24日

季節の節目

どうも、営業部の橋です。


もうすぐ4月ですね。

4月といえば、入学・進級・卒業・入社といった人生の節目の季節です。高校・大学を卒業する方は、進学や就職で各々の夢に向かうことに期待で胸を膨らませているでしょう。


皆さんの夢を応援しています。これから叶える方も、叶った方もここから先楽しいと思えることが大切です。

皆さん楽しい新生活を送ってください。


今年は新型コロナウィルスでイベント等自粛で難しい状況ですが、

今後も皆さん頑張って乗り越えましょう。

posted by ki・zu・na at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

卒業シーズン

こんにちは那須総合リサイクルセンターの君島です

早いことにもうシーズンですね・・・

私が高校を卒業してから一年が経ってしまいました。

今の高校生を見ていると、自分の高校時代を思い出します。

まだそんなに経ってはいませんが、なんだか老けた気分になりますね


最近は、あまり出かけられてないのでブログに書ける内容が薄いですが、

この間初めて占いに行ってきました

手相だったり、今年1年間の運気など色々占ってもらいました

自分の性格や過去のことが的確に当たっていたので少し怖かったですが、すごく面白かったです

悩みを相談してもいいアドバイスをいただけるので、悩みがある人はぜひ行ってみてください


短くなってしまいましたが、ここまで読んで下さりありがとうございました

posted by ki・zu・na at 15:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

こんにちわ

こんにちわ🐷

関谷です。


もう少しで1年が経とうとしています。✨

仕事もこれから沢山覚えていくことがあります。

色々な仕事を覚えることに重要なことはメモを取って忘れないようにすることだと思います。🐱

また、入社から変わらず報告・連絡・相談を心掛けて仕事を効率良く行っていきたいと思います。🎵

また、コロナウイルス感染で今大ニュースになっていますので出来る限りの対策をし、元気に毎日を過ごしていきたいと思います。😃


面白い話がなくてすみません。⤵

身体に気を付けて頑張っていきましょう❗


以上です!最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

posted by ki・zu・na at 13:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

かまくら

こんにちは。

人事課の宋です。



今年は暖冬ということで雪があまり降っていないみたいですが、

最近かまくら祭りというものに行ってきました。


画像1.png


そのとき傘を持っていなかったのに

急に雨がふってきて大変でしたがキレイでした。


ずっと気になっていたので行けてよかったです。




最近は、疲れるけど良いリフレッシュになるので

もっと運動とかやりたいなぁと思っています。


あと、わたしは興味のある物事がすごく少ないので

音楽や映画やドラマ、アニメやマンガなどジャンル問わず

周りのひとにオススメしてもらったものを

時間はかかってしまいますが見るようにしています。


特にホラー映画やミステリー系の本を読むのが好きです!


なにかオススメなどありましたら

ぜひ教えてください^^




今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

最近たぶん花粉症で、目がとっても痒い宋でした。

posted by ki・zu・na at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編】先輩からの寄稿文「『ヘンリー8世』を観劇して」

通常であれば、新卒入社1年目の社員の日常をつづる文章がアップされますが、

今回は特別編として入社6年目の社員から、芸術振興と環境問題に関する

熱い思いをお届けします。ぜひご覧ください。


----------------------------------------------------------------------------------------------------


「イングランドの土など踏まねばよかった!!」

王妃キャサリンの悲痛な叫びが、胸に残りました。

スペインからイングランドへ嫁ぎ、身内も味方もいない外国で、たったひとり、王妃として二十年間ヘンリー8世を支えてきた女性の台詞です。このあと彼女は失意のまま、せめて娘だけは大切に育ててやって欲しいと手紙で王に告げ命を終えます。

キャサリンは王妃であり、スペイン王の娘です。当時の社会で一番高貴な身分の女性といえども、夫の寵愛を失えば終わりなのです。

心変わりや外聞の為に捨てられ、地位も財産も失い、あばら屋の庵で朽ち果ててゆく、源氏物語の姫君達を彷彿とさせる妃でした。


彩の国さいたま芸術劇場で、シェイクスピア作『ヘンリー8世』を観て来ました。

東武商事は、当劇場を運営する(公財)埼玉県芸術文化振興財団(https://www.saf.or.jp/)のサポーター会員となっています。

そのため、会員を対象とした鑑賞会・懇談会にご招待頂きました。


何故産廃業者が、芸術劇場のサポーターをやっているのか。

それは2015年、国連サミットで採択された「SDGs(エスディージーズ)Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」と関係があります。

SDGsは、世界のリーダーによって定められた、国際社会共通の目標です。

いったい何を定めたのか。

訳語にもある、「持続可能な開発」とは、次の世代が未来に希望を持って生きていけるように、現在の社会活動を行うことです。

そのために、貧困・飢餓・健康・教育・エネルギー・自然保護等の問題に、先進国も途上国も、国を挙げて取り組んでいく。

SDGsをきっかけに、国際社会全体が、そのような流れに大きく舵を切りました。

SDGsについて詳しくは外務省HP参照:https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

これらの問題は、今まではボランティアやNPOが中心となって取り組むイメージがあるかと思います。

しかし、SDGsをきっかけに、民間企業も方向転換を図り始めました。

これまでは、儲けたお金のうち、余ったものを使って社会活動をやろう、という発想が主でしたが、SDGsの発想は、本業を通じ、利益を出しながら、同時に社会活動をしよう、世界をより良いものに変えていこう、というものです。

弊社が取得しているISO14001規格も、この考えに乗っとって作られたシステムです。

逆に言えば、ISO14001を取得している企業は、「持続可能な開発」に沿った事業を行っている、と言えるかもしれません。


何故産廃業者が、芸術劇場のサポーターをやっているのか。

SDGsの目標の中に、「質の高い教育をみんなに」というものがあります。

歴史上では、王侯貴族が芸術家や劇場を保護し、支援をしてきました。

途切れることなく支援が続けられたからこそ、これらに付随する表現技術等が現在まで生き残ったと言えるでしょう。

芸術関連の職業は、いまだにそれ一本で食べていくのが難しい状況です。

日常から一旦離れ、新しい目で自分の現状を見つめなおす。

この能力は、窮地にあって自らを助け、心身が追い詰められてしまわないためにも、とても重要です。

芸術への興味関心を養い、支援を続け、誰もがそれに触れられるようにすることが、豊かな感性を育み、他者の感情を慮る社会への基礎になるのだと思います。


ISO14001、SDGsの発想では、会社はお客様を満足させ、利益を追求するだけはでなく、社会全体をより良いものにしていく必要もあるのです。

これは決して窮屈な話ではなく、事業内容自体を、未来へ繋がるものにしてゆくという話。

会社の活動で、お客様が満足して、利益が出て、社会のためにもなる。それはとても、ハッピーなことだと思うのです。


IMG_3835.jpg


IMG_3837.jpg


IMG_3839.jpg




posted by ki・zu・na at 13:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする